1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の子ルンルン

私は岡本茉利さんという声優(現在は演劇活動を中心に活動しておられるようですが)を贔屓しています。
何故かというとヤッターマンでアイちゃんを演じていて、岡本さんの声の持つ「清純な色気」と「芯の強さ」に惹かれてしまったのでした。
岡本さんの主演作には「花の子ルンルン」があります。
岡本さんの主演作としてぜひ見たいと思っており、今日某動画サイトで「hana no ko lunlun」と検索をしてみたら、何と5話と劇場版「こんにちわ桜の国」までがアップされていました。
劇場版の存在は、DVD「仮面ライダー THE MOVIE BOX VOL.3」の中に、「仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王」の同時上映の作品として予告編が収録されており、こっちも見たいと思っていました。
まさか検索で引っかかるとは思ってもおらず、嬉しさあまりに見てしまいました。

ルンルンの初登場シーンは、男の子と丘で遊んでいるシーンなのですが、アイちゃんでは見られないような、何ともボーイッシュな演技が見られ、びっくり仰天しました(その後泥塗れになるのが何とも可愛らしい…)。
ルンルンは、意外とお転婆(?)な所があるので、見ていて非常に楽しいです。
後、年齢がどうだこうだ感じさせない可愛らしさ・美人さがありますね。

主題歌からすると、ほんわかなアニメなんじゃないかと想像されますが、ルンルンが手に入れる筈の「七色の花」を横取りしようとするトゲニシアなんかに色々邪魔されたり、2話ではいきなりルンルンがスリに遭ったりと、意外とルンルンの旅は大変だったりします。
トゲニシアは、ルンルンから七色の花を横取りしようとするときに、「花粉嵐」という魔法を使うのですが、皺が一週間取れないというリスクがあり、「花粉嵐」を使った後のトゲニシアはヒステリックとなってしまいまうのですが、お嬢様ぶっている平常時とのギャップが笑えます。
私の印象では、15歳の割にちょっとオバサン臭い(失礼!)印象があります。
その前に、花の精(フラワーヌ星人)に人間の年齢を重ねるのが間違いかぁーー。

「ルンルン」は、単純な少女の冒険譚ではなく、色々なハプニングがあって、面白く観ていられます。
「アイちゃんが好き!」という方は「ルンルン」も見て損はないと思います。
ちなみに「オタスケマン」で星野ヒカルを演じていた、水島裕さんや、「星の子チョビン」でチョビンを演じていた白石冬美さんなども出演されており、昔から知っている声優さんが多く出られているということで、そういう部分でも楽しめました。

「男の子が魔法少女アニメなんて!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、男の視点から女性向けアニメを見るのも面白いものです。

ちなみに、英語版もあったのですが、どうもアメリカやイタリア方面でも放映していたようです。
当時の人気アニメの多くは海外輸出がされているのですが、この頃のアニメは大分海外輸出も意識している感じがします。
タツノコプロのアニメなんかには特にそれを強く感じるのですが、「ルンルン」も、ヨーロッパが舞台って辺りが海外輸出を意識しているのでしょうか…。

がんばれヤァァッター、ヤァァッタァァァマン?♪

タイムボカンシリーズ ヤッターマン 補正
「タイムボカン」は好評のうちに放送が終了。そして続編が作られることになりました。その名も「ヤッターマン」。「タイムボカン」のメカ路線にヒーロー路線も加えるという意欲作となりました。しかも「タイムボカン」の続編ということでギャグ路線も加わることになり、日本、いや世界でも珍しい「ファンタジーギャグヒーローアニメ」となったのです。ただ「ヤッターマン」では、時間旅行で宝物を探すのではなく、世界各地を旅するという形に変更しました。ただ舞台がどう見ても現代とは思えない所もかなり多いのですが…。
声優は全て「タイムボカン」からの引き継ぎです。三悪はもちろん善玉側も全て引き継がれました。ただ「タイムボカン」で善玉側のペラ助を演じていた滝口順平さんはドロンボーの黒幕ドクロベーを演じており、善玉から悪玉に変わりました(その後の「タイムパトロール隊 オタスケマン」では善玉に戻っていますが)。ただ善玉の年齢は「タイムボカン」とあまり変わりがなく、ガンちゃんが13歳、アイちゃんが12歳。もっとも両方とも体格からして年齢不相応です。特にアイちゃんは淳子ちゃんの持っていた「清純な」色気を継承しているので、大人っぽさに磨きがかかっています。「エイッ」「トォーッ」とかの掛け声とか、「イヤーン」などの呻き声(?)、「ウフフッ」といった笑い方はとても12歳とは思えないです。もっともこれは岡本茉利さんの声質・演技によるところが大きいのですが。対して悪玉側は「ドロンボー」と改名(?)。マージョ、グロッキー、ワルサーから、ドロンジョ、トンズラー、ボヤッキーと改名(?)し、ドロンジョに至ってはマスクを着用します。しかしドロンジョ様は、よく言われるのですが「科学忍者隊 ガッチャマン」のベルク・カッツェっぽいですねぇ。天野氏はカッツェも意識してデザインしたのでしょうか。
この「ヤッターマン」の偉大なところは、シリーズの特徴である「マンネリ」を確立した事です。そして変な自我を持ったメカ、しょうもない(褒めているんです)コクピットメカ、山本正之氏の勇ましくもひょうきんである主題歌などは、「ヤッターマン」で確立されたと言っても過言ではありません。
音楽面では、山本正之氏はそのまま音楽を担当し、主題歌の編曲と劇伴には武市昌久氏に代わり、「燃えよ!ドラゴンズ」の編曲を担当した神保正明氏が加わります。あの「ヤッターマンの歌」「ヤッターキング」のわくわくさせられるようなイントロは神保氏の手によるもので、神保氏の編曲で山本正之流の「ヒーローソング」が完成したと言っても過言ではないです。神保氏は「ゼンダマン」「オタスケマン」「イッパツマン」でも主題歌の編曲を担当(「ヤットデタマン」は乾裕樹氏)し、格好良いイントロを作り出し、そのイントロのアレンジは劇中音楽としても使われており、アクションシーンを大いに盛り上げました。
音楽の次はメカ。初期はヤッターワン1機(1匹?)のみでしたが、途中からヤッターペリカン、ヤッターアンコウが加わり、「タイムボカン」と同じ3機体制(メカブトン、ドタバッタン、クワガッタン)になりますが、45話でヤッターワンは破壊され、その後ヤッターワンはヤッターキングとして甦り、さらにヤッターキングに搭載されるメカとしてヤッターブル、ヤッタードジラ、ヤッターパンダ・コパンダが追加、終盤にはヤッターゾウとヤッターヨコヅナが加わります。
この「ヤッターメカ」の特徴ですが、「自我」を持っている事です。タイムボカンは自我を持っておらず、ただ丹平君の操縦されていただけだったのですが、ヤッターメカはヤッターマンの命令を無視したりします。ちなみにヤッターワンは気が乗らない時にはガンちゃんの命令は聞かない癖にアイちゃんの命令にはあっさり従ったりします。「メカの癖に人間臭い自我を持っている」というのはメカに愛着を持ちやすくなる要素ですね(そういう意味では私はヤッターキングよりヤッターワンの方が好きです)。
次にコックピットメカ。ボヤッキーが暇にまかせて作ったそうですが、しょうもないものばかりです。白けた時に現れる「ドッチラケ」、ドロンジョがボヤッキーを煽てた時に現れる「おだてブタ」、敗北が確定した時に現れる「なげきブタ」etc…。
「おだてブタ」「なげきブタ」は、ナレーションを担当している富山敬さんが演じているので、さらに笑えてきます。だって古代進の声がこんなくだらないコックピットメカの声を担当しているのです。笑うしかないんです。そのナレーションですが、「タイムボカン」では優しく、視聴者に語りかけるような感じだったのに対し、「ヤッターマン」ではわざわざどうでもいいことまで「説明しよう!」と言って説明したり、キャラクターに突っ込みを入れたりと、暴走してきています。101話で「もしヤッターマンとドロンボーが50年後も戦い続けていたら?」という時にはヤッターマン・ドロンボー共々老けていたり…。富山さんのナレーションは、とぼけている感じがするのですが、一方独特の温かみがあります。富山さんがボカンシリーズの雰囲気を作り上げたと言っても過言ではないです。この人無しにボカンシリーズは成立しないのです。最も富山さんは1995年に亡くなっているので、ボカンシリーズは成立しなくなっていますが…。
画像は自分で描いてみたヤッターマンとオモッチャマです。アイちゃんは私の中ではボカンシリーズのベストヒロインなので、特に力を入れて描きました。ちなみにガンちゃんは眼を、アイちゃんは口を光らせてあります(ガンちゃんは股間も光らせるべきだったか?)。キャシャーンと比べると上手く描けたと勝手に思っています。「太田さんと岡本さん、桂玲子さんの声が聴こえてきそうな雰囲気」を意識して描きました。アイちゃんは自然な可愛らしさを狙って描いたつもりです。どちらかというとアイちゃんの方に力を入れて描いたような…。背景の色は、オープニングの最後、「制作 フジテレビ タツノコプロ」という字が被る所を意識しています。

タイムボカン

ジャケット(タイムボカン)
今日から、タイムボカンシリーズについて、年代順に私なりの解説を添えた記事も書いていこうと思います。
書くのは「逆転イッパツマン」までになります。
「イタダキマン」「きらめきマン」はまともに観ていないので。

第1回は勿論、記念すべき第1作「タイムボカン」です。
「タイムボカン」は、「ギャグなのかシリアスなのか」よく分からないアニメでありました。
タツノコプロお得意のSF路線(「科学忍者隊 ガッチャマン」など)と、ギャグ路線(「ハクション大魔王」など)を合体させたような作品が「タイムボカン」であり、当時のスタッフがどう作品を作るかかなり悩んだと思います。
「タイムボカン」は、話が進むにつれてギャグ路線に徹していく訳ですが、その路線を決めたのは山本正之氏の主題歌と言っても過言ではないでしょう。
力が抜けるような、とぼけたような主題歌。
「どこから来たのかごくろうさんね」という歌詞が、この番組の雰囲気を表しているようにも思えます。
編曲は武市昌久氏ですが、武市氏は劇伴にも参加しており、山本氏のとぼけた様な、ほのぼのとしたメロディーに対し、武市氏はシャープな、無機質な感じの音楽を作っています。
この2人の音楽が、「シリアスでありギャグであり」という雰囲気を作り上げています(ただ番組自体はギャグ路線に特化していきます)。
当初は2クールで終了する予定だったそうですが、意外と好評であったため、4クールに延長し、シリーズの礎を築いていきます。

キャラクターデザインは、天野嘉孝氏が担当。
天野氏は「新造人間キャシャーン」などにもデザイン担当として参加しており、キャラクターのヘルメットの独特の形が「タツノコ臭」を醸し出しています。
また、海外輸出も前提に置いていたため、無国籍な世界観になっています。
「丹平」「淳子」と主人公は日本人っぽい名前ですが、デザインはどう見ても日本人的でも、西洋人でもありません。
これは他のタツノコアニメにも当てはまる事ですが…。

「タイムボカン」では、主題歌・副主題歌の他にイメージソングが4曲(「チュク・チュク・チャン」「ペラ助のぼやき節」「花ごよみ」「うしろすがた」)が作られています。
個人的にお気に入りなのは「うしろすがた」。
淳子ちゃん演じる岡本茉利さんが歌う歌ですが、岡本さんの清純な声と寂しげなメロディーが良いです。
一応淳子ちゃんが劇中で歌う(27話「木江田博士を発見だペッチャ」)ので、淳子ちゃんのキャラソン(?)と見てもよいと思います。
淳子ちゃん、設定年齢は12歳ですが、独特の色気(岡本さんの声のせい?)で、全く12歳に見えません。
しかも歴史に関する知識が半端ではありません。
太田淑子さん演じる丹平は、ちゃんと13歳に見えますが…。
と言っても丹平も、自由自在にタイムボカンを操縦するあたりとても13歳とは思えない…。

淳子ちゃんの事ばかり語っていては、悪玉トリオが泣いてしまいます。
マージョ様は、歴代ボカンシリーズ三悪のボスでは一番好きです。
一見すると悪女なんですけど、意外と純粋(ワルサーとグロッキーにあっさり騙されたり)だったりして…、小原乃梨子さんの声もあって、「ワルイけど可愛い」という、単なる悪女キャラに終わっていない巧みなキャラクターになっています。
後意外と露出度が高いのが、淳子ちゃんとは違う形の「色気」を醸し出していて良いですねぇ。
ワルサーもグロッキーも、以前の日本アニメには存在しなかったようなキャラクターですね。
たてかべさんも八奈見さんも楽しそうに演じられています。

とにかく色々な要素が詰まった「タイムボカン」。
続編「ヤッターマン」では、更なるパワーアップを遂げます。

あ、メカについて書き忘れていた(ひどいオチ)。

キャシャーンがやらねば誰がやる!

キャシャーン
この前から、「新造人間キャシャーン」を観始めました。
最初は「ガッチャマン」と一緒に借りてみていたのですが、個人的には「キャシャーン」の方が合うようで…、すっかりはまってしまいました。
「キャシャーン」は、主題歌と、ちょっとしたストーリーだけは知っていましたが、まさかここまではまるとは…。
たった独り(途中でルナが加わるとはいえ)で、アンドロ軍団に立ち向かうキャシャーンは雄々しくもあり、悲しくもあります(仲間がいないんです)。
しかも、アンドロ軍団はとんでもない大軍団ですから、悲壮感が余計強まります。
それだけに、キャシャーンがアンドロ軍団のロボットを蹴散らしていくシーンでは実に胸が躍るのです。
心は人間・東鉄也のままなのに、体はもはや元に戻れないというのが何とも悲しいです。
そして、ロボット犬・フレンダーを連れているため、アンドロ軍団を目の敵にしている一般人からは迫害されてしまう事も…。
だからこそ、それでも、それでもたった独りでアンドロ軍団に立ち向かうキャシャーンに私は喝采を送ってしまうのです。
最もキャシャーンはそんな単純なヒーローではなく、非常に悲しいヒーローである訳ですが。
それと、菊池俊輔先生が音楽というのが、私を「キャシャーン」にはまらせた要素の一つかもしれません。
菊池俊輔先生は「仮面ライダー」の音楽も担当されているので、音楽に関しては安心できるのです。
そして主題歌のアレンジなんかが、キャシャーンの戦いぶりを盛り上げます。
戦う時の音楽が、主題歌・副主題歌のメロオケというのは、まんま「仮面ライダー」と一緒であります。
メロオケに関しては、副主題歌「おれは新造人間」の方が好きです。
そして、その「おれは新造人間」が実に泣ける曲なんです。
「仮面ライダー」で例えれば、「たたかえ!キャシャーン」が「レッツゴー!!ライダーキック」、「おれは新造人間」が、「ロンリー仮面ライダー」といったところでしょうか(悲壮感・孤独感は「おれは新造人間」の方が上ですが)。

「独りで戦うヒーロー」という所では、私の大好きな「仮面ライダー」と相通じるものがありますが、仮面ライダーは、立花のおやっさんや滝など、一応理解者がいるし、社会では「ヒーロー」として認知されているので、悲壮感・孤独感は「キャシャーン」の方があります。
しかし、ショッカーの怪人を倒せるのは仮面ライダーしかいない訳で、「独りで戦っている」のには変わりありませんが。

「sins」というリメイクもあったようですが、画像を見ただけで、頭が痛くなってしまいました。
こんな名作は、「名作」のまま残しておけば良いと思うのですが…、テレビ局もアイデア切れなんでしょうねぇ。
変な新作作られるぐらいなら再放送しやがれー!と思ってしまいます。

画像は昨日の夜、やけっぱちで描いたキャシャーンです。
キャシャーンの癖に全然「華奢」になってません。
私はアニメキャラを描くのは苦手な様です。
このキャシャーン、目つきが怖くて「決意の強さ」が感じられないですねぇ。

どこから来たのかごくろうさんね♪

1975年から1983年まで、7作が作られた「タイムボカンシリーズ」。
「タイムボカン」「ヤッターマン」「ゼンダマン」「タイムパトロール隊 オタスケマン」「ヤットデタマン」「逆転イッパツマン」「イタダキマン」。
私はボカンシリーズが、各作品の出演声優、メカ、主題歌・挿入歌、BGMなどをほとんど覚えているぐらいのマニアです。

ボカンシリーズ作品を好きな順に並べてみると、下の様になります。
1位 ゼンダマン
2位 ヤッターマン
3位 タイムパトロール隊 オタスケマン
4位 ヤットデタマン
5位 逆転イッパツマン
6位 タイムボカン
7位 イタダキマン

と言っても、「逆転イッパツマン」まではどれもそれぞれの持ち味があって優劣が付けがたいです。
「ゼンダマン」を1位に挙げた理由ですが、「タイムボカン」「ヤッターマン」とシリーズを通して作られた面白さが凝縮されている作品だと思うからです。
それにメカのモチーフが「列車」ですから。

主題歌では↓の様に…。
1位 オタスケマンの歌
2位 ヤッターマンの歌
3位 ゼンダマンの歌
4位 逆転イッパツマン
5位 タイムボカン
6位 ヤットデタマン
(超えられない壁)
最下位 いただきマンボ

何故「いただきマンボ」が「7位」では無く、「最下位」にしたかというと、「歌詞が主題歌になっていない」からです。
「イタダキ」という言葉は出ても、「イタダキマン」という歌詞は一切出てきません。
宮内良さんの歌う挿入歌「我らがイタダキマン」の方が主題歌にふさわしいと思うくらいです(「我らがイタダキマン」は、山本正之先生作曲ではありませんが、大好きな歌です)。

ヒロインだと
1位 アイちゃん(「ヤッターマン」 声:岡本茉利)
2位 淳子ちゃん(「タイムボカン」 声:岡本茉利)
3位 姫栗コヨミ(「ヤットデタマン」 声:三浦雅子)
4位 さくらちゃん(「ゼンダマン」 声:滝沢久美子)
5位 星ハルカ(「逆転イッパツマン」 声:幸田直子)
6位 三ヶ月ナナ(「タイムパトロール隊 オタスケマン」 声:島津冴子)

「ランちゃんは?」「法子ちゃんは?」と言う声もあるでしょうが、こうなってしまいました。
1位・2位がアイちゃん、淳子ちゃんの理由は、声が「岡本茉利」であるからです。
岡本さんの声を聴くと何故か安心するんですよね。
声に独特の色気があるのもたまりません。
コヨミは主人公のワタルを尻に敷いている姿が何とも…(私はどMなのか?)。
さくらちゃんは、可愛いくせにやる事がせこいのがたまりません。
アクダマトリオの組体操をピカリングで邪魔したりとか…。

主人公では
1位 豪速球(「逆転イッパツマン」 声;富山敬)
2位 時ワタル(「ヤットデタマン」 声:曾我部和行)
3位 高田ガン(「ヤッターマン」 声:太田淑子)
4位 星野光(「タイムパトロール隊 オタスケマン」 声:水島裕)
5位 丹平(「タイムボカン」 声:太田淑子)

1位が「豪速球」なのは、声が何といっても富山敬さんである事と、ランちゃんにはぞっこん惚れているのに気づいていない鈍感さとかがたまらんのです。
後、「大人のお兄さん」といった感じの雰囲気もたまらないです。
2位の「時ワタル」ですが、いつもはコヨミの尻に敷かれていて、ミレンジョ一味と戦う(?)時も、変な役に立たない発明品を作ってやられるというキャラが何とも…。
ヤットデタマンに変身すると滅茶苦茶格好良くなる訳ですが。
声が曾我部和行さん、おまけに変身前はドジというキャラクターは、まんま「破裏拳ポリマー」ですね。
でも、富山さんも曾我部さんも若くして亡くなっているのが非常に残念です。

これ以上書くと長くなるので、続きはまた今度にします。
プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。