1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊池俊輔先生

        テレビオリジナルBGMコレクション 仮面ライダー? 未収録・総集篇

伊福部昭先生、菊池俊輔先生、山本正之先生は、自分の中の「三大音楽家」だったりします(山本先生は実際にコンサート行った事もあるので)。
今回は菊池俊輔先生について書こうと思います。

私の菊池先生の音楽との出会いは「ドラえもん」からですね。
私の幼少時の頃の「ドラえもんの歌」は大杉久美子さんではなく山野さと子さんの歌唱になっていました。懐かしい思い出です。
そして小学1年生の時出会ったのが「仮面ライダー」。
劇伴こそ意識はしていませんでしたが、主題歌「レッツゴー!!ライダーキック」「仮面ライダーのうた」、ゲルショッカー篇から主題歌に昇格した「ライダーアクション」(ただし曲自体は挿入歌、また72話からエンディングとして使用)、「ロンリー仮面ライダー」には忘れられない程の衝撃を受けました。
この頃意識していたのはまだ作曲者ではなく歌唱者でしたが、「何だか独特な音楽だなぁ」と思っていました。
しかし年齢が上がってくるにつれ、またここ2,3年でよく昔のヒーローソング・アニメソングをよく聴くようになり、段々と歌手ばかりでなく作曲者を意識してくるようになりました。
菊池先生は「仮面ライダー」以外にも多くのヒーロー番組・アニメ番組の音楽を手掛けておられますが、変身ヒーローものなら「超人バロム1」「変身忍者 嵐」「アイアンキング」(他にももっとあるでしょうからご教授願います)。
アニメなら「タイガーマスク」「バビル2世」「新造人間キャシャーン」「破裏拳ポリマー」「ゲッターロボ」「てんとう虫の歌」etc…。
「てんとう虫の歌」の主題歌「ぼくらきょうだいてんとう虫」は「ドラえもんの歌」に近い路線ですが、聴けばなるほど、菊池先生だと分かります。
数あるアニメソングの中でも私は菊池先生の音楽が大好きになってしまいました。

そして買ったのが「ANIMEX 1200シリーズ」の「テレビオリジナルBGMコレクション」。
菊池先生の作品では「仮面ライダー?」「仮面ライダー?」「仮面ライダー?」「新造人間キャシャーン」を持っています。
価格がレコードの復刻なので1260円という学生にとっては本当にありがたいCDでした(ただ「仮面ライダー」ではメロオケが1コーラスや2コーラスにされているのがあり、そこはガクッとしました)。
また「仮面ライダーV3 Eternal Edition」も持っております。

菊池先生の主題歌は大好きで堪りませんが、そのインスト(メロオケ)、主題歌のメロディーを崩したアレンジ曲の素晴らしさにも気付きました。
またアクションに付けられる曲の素晴らしさ。
インストは勿論、主題歌のメロディーのアレンジ。
「仮面ライダーX」では敵組織GODのテーマに何故か主題歌のアレンジを用いており、得体の知れない恐怖感(?)に襲われます。
「キャシャーン」でもアンドロ軍団のテーマに主題歌のアレンジ曲を用いており、何ともいえない絶望感を感じさせる曲になっています。

また、ヒーローものでは必ずあるであろう悲しげな主題歌のアレンジ。
主題歌を悲しげにアレンジし、トランペットソロやギターで弾いてある曲を聴くと、ヒーローがいかに孤独であるかを感じさせられます。
逆に勇ましいアレンジだと気分は高揚しますが、その裏にあるであろう悲しみ・孤独感も感じてしまったり…。

菊池先生の歌は子どもには結構分かりやすく、歌いやすいメロディーだと感じています。
渡辺宙明先生や渡辺岳夫先生、小林亜星先生などの曲も素晴らしいですが、すぐにメロディーを覚えられるのは自分の中では菊池先生の曲であります。
またもう「菊池節」と言いますか、もう一発で「これは菊池先生だ!」と分かるくらいになってしまったので、イントロや間奏、アウトロでも素晴らしさのあまり感動してしまいます。
私の場合は菊池先生に限らず、好きなヒーローソング・アニメソングではイントロ、間奏、アウトロで感動してしまいますが、菊池先生の曲はその感動がもっと強いです。
「レッツゴー!!ライダーキック」のイントロなんかは小学生の私に一生忘れられないようなインパクトを残し、「たたかえ!キャシャーン」のイントロも震えるような感動を高校生の私に感じさせました。

ただ、菊池先生の音楽の極意はどこか、特徴を説明せよ、と言われるとなかなか難しいものがあります。
しかし言えるのは、菊池先生の曲はイントロの時点で気分が高揚する感じが強いんです(私の中では)。
「イントロで聴く者を一気に引きつけられる」曲が多いのは確かだと思います。
そして断言できるのが「孤独なヒーローの曲を書かせたら菊池先生の右に出る作曲家はいない!」
「孤独なヒーロー」の代表と言ったら私の中では仮面ライダーやキャシャーンですが、彼らが孤独であるのを感じられるのは、菊池先生の音楽あってだと思います。
そして「孤独を乗り越え勇ましく戦っている」のを感じさせるのも菊池先生の音楽が好きな理由です。

菊池先生が元気なうちに、菊池先生作曲、そして先生自身の選曲によるアニメ・ヒーローソングのベスト集やインスト集が出てほしいものです。
インスト集は前にも出ていますが、中古でしか売ってませんし、今度はデジタルリマスターを施して出してもらいたいです。
出来れば1番組に1つずつ菊池先生のコメントも欲しいですね。

最近、アニメソング・ヒーローソングが注目されるようになって来ています(?)が、スポットを当てられるのが歌手ばかりで、もうちょっと作曲家に目を向けてもらいたい、という気もします。
何と言ったって、来年芸能生活50周年を迎えられるささきいさおさんのアニメ・ヒーローソングのデビュー曲は菊池先生作曲の「たたかえ!キャシャーン」だったんですから…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私と菊池先生

私の菊池先生の音楽との出会いは
正直言うと、記憶にありません…
と言うより、物心つく頃には
アラレちゃんだドラえもんだドラゴンボールだと
菊池音楽に当たり前のように触れていたので
知らず知らずの内に出会っていたんでしょう。

あまり専門的ではないですが
私の感じる菊池音楽の特徴と言うと
ゾンデ様のおっしゃる事と多少被ってしまいますが
高揚感溢れる曲調にあると思います。
特に菊池先生が作られる主題歌のアレンジ曲には
そうした特徴は顕著に表れていると思います。

菊池先生と言うとアニメ・特撮での活躍ももちろんですが
個人的には暴れん坊将軍等の時代劇等
色々なジャンルでご活躍されていて、
今でも色々な作品で曲を聴く機会はダントツだと思います。
ただ、時代劇の曲ってのはアニメの曲以上に
曲のCD化は難しいのが泣き所です。

Re: 私と菊池先生

> つばめ様
菊池先生は色々な作品の音楽を担当されてますから、菊池音楽を耳にする機会は多かったと思います。
何と言ったって「暴れん坊将軍」のテーマも菊池先生ですし。

> 私の感じる菊池音楽の特徴と言うと
> 高揚感溢れる曲調にあると思います。
> 特に菊池先生が作られる主題歌のアレンジ曲には
> そうした特徴は顕著に表れていると思います。

今「新造人間キャシャーン」のBGMを聴いていますが、アレンジが本当に独特です。
主題歌のメロディーの一部分を繰り返したアレンジや、大幅に崩して恐怖感を掻きたてられるようなアレンジをしたり…。
「仮面ライダー」に至っては主題歌の間奏をもアレンジした曲もありますし、アレンジ曲はもう大好きであります。

> 個人的には暴れん坊将軍等の時代劇等
> 色々なジャンルでご活躍されていて、
> 今でも色々な作品で曲を聴く機会はダントツだと思います。
> ただ、時代劇の曲ってのはアニメの曲以上に
> 曲のCD化は難しいのが泣き所です。

「暴れん坊将軍」のテーマなんか聴いてると私は何故か「変身忍者 嵐」を連想してしまったりします。
時代劇の音楽が手に入りにくいのは残念ですよね。
もっとも私の様な若僧は作品そのものに触れる機会が少ないんですが…。

実を言うと私がまともに観た菊池先生が音楽を担当されている作品は「仮面ライダーシリーズ」「キャシャーン」ぐらいなんですよね…。
見たこと無くても知っている歌は沢山ありますが…。
プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。