FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味の偏り?

私は時々親戚とか知人とかから「趣味が偏ってるよ」なんて言われることがあります。
ではまず音楽で考えてみます。
私の好きな音楽、一体どういうものがあるでしょうか。
ちょっと整理して考えてみようと思います。

?伊福部昭先生作曲の演奏会用の純音楽、映画音楽
?菊池俊輔先生作曲のヒーローソング、アニメソング、そして菊池先生が作られたTV「映画」(アニメ、特撮問わず)音楽
?1960年代から80年代初頭にかけてのアニメ、ヒーローソング
?山本正之先生の歌(先生のオリジナルアルバムの曲も含む)
?クレイジーキャッツの歌

こうジャンル分けしてみましたが、うーん偏ってますよねぇ(笑)
偏ってるからこそ「趣味」と言えるのかもしれませんが。
私の親戚曰く、多くの人は一つのものに拘らないで色んな音楽を聴くんだ、と言っていたのですが、どうなんでしょうか。
私は学校であまり人と話さないので、やや閉鎖的な人間になっているような感じがします。
他の人がどうなのか、で自分の趣味をどうこう言うのも変かもしれませんが、ちょっと気になる部分もあったりします。
ただ一つ言えることは、私が聴いている大体の音楽は「マニアック」とか「古臭い」「幼稚」とされてしまっている事です。
多くの人の伊福部先生の認識はせいぜい「ゴジラの音楽の人だろ」という程度ですし、アニメソングやヒーローソングも、その世代の人からは「懐かしい」とは思われても真剣に聴くものとは思われていないようです(被害妄想だと良いんですけどね)。
学校での「オタク」な方々(最近のアニメの方傾倒している方の「オタク」です)に、カラオケで「タイガーマスクとか歌うんだ」なんて言うと、「古いなー」なんて言われてしまいます。
そんなの言われるのが嫌なら隠すか人に合わせるかにしなさいなんてお叱りを受けそうですが、私は好きなものは「好き」と言ってしまう、興味の無い音楽は聴きたくない、という困ったちゃんなので無理なんですよね(笑)

今、音楽を掛けながらこの文章を書いている訳ですけど、大体聴く音楽は決まっていたりします。
音楽を聴きながら一緒に歌ったり、劇中の台詞を叫んだり、踊ったりすることもあります。
「偏り」があるのは事実かもしれませんけど、1曲1曲に対する思い入れとか、愛着はちゃんとあるつもりです。
それこそ1曲1曲聴く音楽の作曲者は誰だ、作詞者は誰だと覚えているくらいです(作曲者は大体覚えています)。
また、「何回聴いても飽きない曲」は自分の中にいくらでもあります。
?であれば「シンフォニア・タプカーラ」「怪獣大戦争マーチ」「アメノウズメの舞(『わんぱく王子の大蛇退治』より)」etc…。
?であれば「タイガーマスク」「レッツゴー!!ライダーキック」「戦え!仮面ライダーV3」「バビル2世」「たたかえ!キャシャーン」etc…。
?であれば「ひみつのアッコちゃん」「ガッチャマンの歌」「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「花の子ルンルン」「地獄のズバット(快傑ズバットの主題歌)」etc…。
?であればオリジナルアルバムの曲で「戦国武将のララバイ」「少年の夢は生きている」、アニメソングであればタイムボカンシリーズの主題歌は全て…。
?だったら「スーダラ節」「五万節」「学生節」「だまって俺についてこい」「ハイそれまでヨ」etc…。

「偏り」は強い分、1曲1曲に対する思い入れは人一倍(?)強いつもりです。
「多くの人は一つのものに拘らないで色んな音楽を聴くんだ」、ということは多くの人は「愛着のある曲」を追い求めていない、ということになり、ちょっと変な事になります。
要はそれこそ音楽1曲1曲を真剣に聴いていない、という事になっちゃうんです。
世の中そんな人ばっかりな訳はない筈で、でなければ歌手のライブも演奏会も成り立たない筈です。
結局の所、何だかんだ言って皆聴いている音楽のジャンルに偏りはあるんじゃないか、と思います。
ただそのジャンルが好きな人が多数か、少数か、だけの話だけではないでしょうか。
しかし、多数の聴いている音楽が後世に残るか、100年200年残るか、聴いている人たちは死ぬまで聴いてるんだろうか、と思うとそうとも思えない…(中にはそういう人もいるでしょう)。

しかしどうやったら「趣味が偏らない」「聴いている音楽のジャンルが偏っていない」ことになるのでしょうか。
●ステを毎週見なさいということになるのでしょうか(極端過ぎか?)
それとも流行の音楽は知っているべし、という事になるのでしょうか。
でも、流行を追いかけるのは考えによっては寂しいことにはなりませんか?
要は「自分はこれが好き!」と愛着の持っているものがないことになり、マスコミにただ踊らされるだけ…、という見方も出来てしまうのです。

何だか何が何だか分からない文章になってしまいましたが、結局の所何が「偏りのない趣味」なんでしょうか…。
私は十分多趣味(多趣味だから良いという訳でもありません)のつもりで、色んなものを見たり、聴いているつもりなんですが…。

ややご覧になられている皆様を変な気分にさせそうな文にしてしまい、すんません。
ただここ最近気持ちが鬱状態(?)になることが多いので、こういう文も書くこともあります。
私は別にオタクだからこうなった訳でもなく、奇人変人だからこうなった訳でもなく、ただ自分の興味のあるものを追い求めて来ただけなんですが、奇異に見える人もいるのでしょうか。
昔から私は「普通じゃない」「変だ」なんて言われてきたのですが、そんな私がいつも突き当たる問題が「普通って一体何?」「どうだったら変じゃないの?」というものなのです。
結局期待する回答は「変でも何でもないよ」「偏ってなんかいないよ」というものになってしまうのですがorz。

大変な拙文で失礼しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。