1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK思い出のメロディー

今日、NHK総合で19時30分から、22時まで「NHK 思い出のメロディー」という番組が放映されました。
懐かしの歌謡曲などを当時歌われた方が歌うという番組なのですが、その中に、平野忠彦さん、ささきいさおさん、水木一郎さん、堀江美都子さんが出演され、それぞれ「ジャングル大帝」「宇宙戦艦ヤマト」「マジンガーZ」「ひみつのアッコちゃん」を歌われました。
私の大好きなアニメソングが、こういった番組で取り上げられることは非常に嬉しい事です。
4人はそれぞれ、アニメの映像をバッグに歌われていた訳ですが、やっぱり絶好調です。
伴奏もなかなか豪華で、もう痺れちゃいました。
特に「マジンガーZ」は結構オリジナルの伴奏に近い感じがして良かったですね。

ただちょっとツッコミを入れさせてもらうと、堀江美都子さんが初代「アッコちゃん」をバッグに歌うのは変なんですよね。
堀江さんが「アッコちゃん」を歌ったのはリメイク版第2作目なんです。
しかも歌もリメイクバージョン(青木望編曲)でしたし…。
ですが、私が見た「アッコちゃん」は第1作の筈なので、映像を見た時は懐かしかったですね。
アッコちゃんは、1969年から1970年まで放映された第1作と、1988年から1989年に放映されたリメイク版第2作、1998年から1999年に放映された再リメイク版がありますが、私が見た「アッコちゃん」は再放送で見た第1作の筈なので(BSアニメ劇場で見た記憶があります)。
ちなみに堀江さんは第2作目でアッコちゃんを演じています。
まさか最後に呪文(「ラミパスラミパスラミパス、ルルルルルー!!」)を言うとは思っていもいませんでしたが(笑)
今回の服装はドレスでした。
ミニスカではさすがにまずかったか(笑)

こういったアニメソングが「懐かしの歌謡曲」と一緒に取り上げられるのも、当時アニメに夢中になっていた世代の方が社会人になっているからなんでしょうね。
こういう傾向が「BSアニメ主題歌大全集」という素晴らしい番組も作らせたのでしょう。
最近のヒット曲に疎い私にとっては、「懐かしのアニメソング」がちゃんとした形で歌われるこういう番組は実にありがたいです。
そして、アニメソングがちゃんとした形で取り上げられることが非常に嬉しいです。
自分の好きな歌や音楽がテレビ等で歌われる、演奏される、というのは自分そのものがテレビに取り上げられているような感じがするんですよね。

堀江美都子さんが、「アニメソングを上手に歌うコツ」として、「イントロが流れたら、アニメの世界に入り、ヒーロー・ヒロイン」になり切る」と仰っておられました。
アニソン・実写ヒーローソングをカラオケで歌いまくっている私にとっては、「そうだよなぁ」と思ってしまいました。
歌を歌う時の感覚、というのは自分が別人になっているような感じです。
ある意味「乗り移り」に近い感覚です。
歌を歌う時、歌を歌う人は何かに乗り移られて、別の自分になっているのです。
そして、別の世界に入っちゃっているんですよね。
だからこそ、歌は「魂」が入ったものとなり、素晴らしいものになるのです。
実際、番組に出演されていた歌手の皆さんは、「別の世界」に入っている感じがしました。
素晴らしい歌手というのは、歌う時に現実世界から離れて、「別世界」に入る、もしくは別の何かになり切って歌える人ではないかと思います。

皆さん、歌を歌う時は、「別の自分」になって、「別の世界」に入ってしまいましょう!
それはコミカルな歌であろうと、勇壮な歌であろうと、悲しい歌であろうと一緒です。
なり切るものは何でも良いんです。
歌っている歌手に乗り移られたようになってもいいし、アニメ・ヒーローソングなら、堀江さんが仰っていたようにヒーロー・ヒロインになったような気持ちになって歌うんです。
歌を歌う事は、自分とは別のものになってしまう行為、「ごっこ」なんですよね。
「ごっこ」という響きは幼稚に聴こえますが、実は歌を歌う事というのは、「ごっこ」なんです。

「歌」とは何なのか、そういう事も考えさせられた素晴らしい番組でした。
8月30日(日)に、BS2で13時からまた放映される予定なので、興味を持たれた方はご覧になって下さい。
詳しくは公式HP(「思い出のメロディー」で検索してみてください)をご覧ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

『思い出のメロディー』はしばらく見ていなかったのですが
そう言えばそう言う番組あったなと言う感じで
スイッチを入れたら、ちょうど水木さんが出ていていた所で
その後、「学園天国」で合いの手を入れてるの見ましたが
肝心の歌っている場面は終わった後だったようでした。

来週再放送があるとの事ですが、ちょっと事情で見れそうにないのが残念です。

Re: No title

>つばめ様
今回の「ヤマト」「マジンガーZ」「アッコちゃん」は伴奏が結構豪華で、聴きごたえがありましたよ。
ただよく聴こえなかったのが残念です。
私はアニメソングタイムが終わった後に風呂に入って上がった後にまた見たのですが、その時ちょうど水木さんが「学園天国」で合いの手を入れておられました。

ああいう番組でアニメソングが歌われると何だか涙が出そうになります(リアルタイムで見た世代じゃないのに)。
プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。