1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新造人間キャシャーン」の音楽世界

テレビオリジナルBGMコレクション 新造人間キャシャーン
新造人間キャシャーン全曲集
この間、「テレビオリジナルBGMコレクション 新造人間キャシャーン」「新造人間キャシャーン全曲集」を購入しました。
両方ともジャケットは、タツノコプロの初代社長・吉田竜夫氏の弟であり、タツノコプロのアニメのプロデューサーとして活躍されていた九里一平氏が描いています。
「BGMコレクション」の方は劇中のBGMと主題歌・副主題歌のTVサイズを、「全曲集」では、主題歌・副主題歌のレコードサイズと、イメージソング、OVAの主題歌・イメージソングを収録しています。
OVAについては観た事がない(Youtubeでちょこっと映像だけ見ましたが)ので、オリジナルのTVシリーズの音楽についてのみ書こうと思います。

まず、「キャシャーン」のBGM(本当はBGMという言い方には抵抗がありますが)で思い浮かぶのが、主題歌・副主題歌のメロオケ(インスト)、アレンジ曲でしょう。
「たたかえ!キャシャーン」は、ささきいさおさんの歌だと勇壮に聴こえますが、インストでは大変悲壮に聴こえます。
「孤独なヒーローの歌」という点では、「タイガーマスク」「仮面ライダー」と双璧を成すと思います。で、この「たたかえ!キャシャーン」の主題歌のアレンジですが、勇壮なものよりも、孤独感・絶望感を感じさせるアレンジ曲が多いです。
「BGMコレクション」のトラック2「引き裂かれた母と子」に収録されている「佇むキャシャーン」(ミュージックナンバーの記載は無し、副題のみ)は、ギターソロでの主題歌アレンジですが、この曲はキャシャーンの孤独感を最も表現している曲と言っても過言ではないでしょう。
アンドロ軍団のテーマは、徹底して重厚、絶望感を感じさせる音楽になっています(アンドロ軍団のテーマの中にも、主題歌のメロディーを崩したと思われるメロディーが入っています)。
兎も角も、菊地俊輔先生の音楽が、「キャシャーン」を素晴らしい作品に完成させ、未だに根強い人気を保たせている要素であると思います。
しかし何だかんだ言って一番好きなのは主題歌のインストです。
あれをバックに戦うキャシャーンには喝采を送るしかないです。

人間の心を持ちながらその体は人間のものにあらず、しかしロボットでもない「新造人間」キャシャーン…。その体には一滴も人間の血は流れていません。
元々は温かい人間の血が流れていたはずなのに、「雷」という神の悪戯が引き起こした戦争のためにその温かい血を失った…。
切ない、悲し過ぎます。
人間からは、超人的な力を発揮して人間を守ろうとすると、その超人的な力故に恐れられる…。
そして心は優しい、人間「東鉄也」のままの筈なのに、人間たち、あまつさえ無垢な子どもだちからさえからも「ロボット」と恐れられ、迫害される…。
せめてもの救いが鉄也の恋人、ルナの存在です。
ルナがいなかったらもう「キャシャーン」は救いようのないアニメになっていたと思います。
誰にも理解されない、1人の人間として接してもらえないキャシャーンの悲しみを理解し、献身的にMF銃でアンドロ軍団と戦うルナ。
視聴者にとっても、キャシャーンにとってもルナの存在が「救い」になっていますね。
関係ない話ですが、ルナをデザインした天野嘉孝氏は、アメコミを意識してデザインしたそうです。
タツノコプロのSFヒーローアニメは、アメコミっぽさ、垢抜けた、無国籍的な部分がある様な感じがします。
ルナのデザインはそれとうまく合ったのでしょうね。
もしかして私の好きなアニメヒロインベスト3に入るかもしれません(他の候補としては、「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のアイちゃん、「花の子ルンルン」のルンルン・フラワー)。
それにしても、ルナが被っているヘルメット(?)は、「タイムボカン」のマージョや淳子ちゃんにも受け継がれていますね。
ちなみに、ルナにも「戦え少女ルナ」というイメージソングがあります(「全曲集」に収録されています)。
劇中では流れませんが、なかなか良い曲です。
歌うは「ハクション大魔王」や「昆虫物語 みなしごハッチ」の主題歌を歌った嶋崎由里さん。
艶っぽくも力強い歌声を聴かせてくれます(歌った時は高校生ぐらいだった筈です)。
「ハッチ」の頃とは声の印象が違いますが、これは声変わりをしたためだと思われます。
同じ年齢ぐらい(失礼!)の堀江美都子さんにも同じ現象が起きています(声変わりする前の「魔法のマコちゃん」と声変わりした後の「けろっこデメタン」を聴くと一目瞭然です)。

嶋崎由里さんの話をしておいてささきいさおさんの話をしないとは何事かと思うので、ささきさんの事についても書きます。
「キャシャーン」において、ささきいさおさんは初めてアニメソングを歌い、アニメソング歌手としての道を歩み始めます。
ささきさんのアニメソング歌手としてのデビューを飾った「たたかえ!キャシャーン」ですが、子門真人さんをを意識されたそうです。
例えば母音を強調している所なんかはまさに子門さんそっくり!(「キャシャーン」じゃなくて「キャシャァァァァン」と歌っている所はまさにそうです)
だから私も「たたかえ!キャシャーン」を歌う時は、「響けキャシャーン」ではなく、「響けキャシャァァァァンン」と歌いたいと思います。
ただ、ささきさんが「たたかえ!キャシャーン」を「BSアニメ主題歌大全集」で歌われる時は、歌い方を自分流に直して歌っていますね。

話は変わりますが、「キャシャーン」には独特の無国籍感がありますが、「ガッチャマン」の無国籍さとはまた違うように感じます。
「ガッチャマン」は近未来的な無国籍さ、「キャシャーン」は、ファンタジックな無国籍さという感じでしょうか。
「キャシャーン」の舞台になる所は中世・近世のヨーロッパ風な街が多いですから。
そして「キャシャーン」の掲げているテーマが、「違う種族間の対立」ではないかと思います。
人間対アンドロ軍団の構図は、そのまま現在も続く民族紛争の構図に当てはまるでしょう。
先に書いたキャシャーンへの偏見・差別なんかは、まんま現実の民族対立・人種差別、障碍を持った人への差別を映し出したと言えるでしょう。
「あいつは人間じゃないから悪い・恐ろしい奴だ」と…。
このテーマは現在でも通用しますね。
下手糞なリメイクや実写版作らなくても、オリジナルの「キャシャーン」は現在でも古びていないアニメなんです。(リメイクや実写版は見てはいませんが)
そんないつの時代でも変わらない、この地上から戦争や差別が消えない限り古びることのないテーマを描いたから、「キャシャーン」は根強い人気を保ち、私の様な若造も虜にしたのではないかと思います。

話は音楽に戻りますが、「BGMコレクション」の方には主題歌・副主題歌のメロオケがフルサイズで、「全曲集」には、納谷悟朗さんのナレーションが入ったアルバム・ヴァージョンの「たたかえ!キャシャーン」が収録され、ブックレットには菊池俊輔先生、ささきいさおさん、故・鳥海尽三氏、九里一平氏のコメントが収録されています。
「キャシャーン」が大好きという方はこの2つのCDは買っても損はないです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。