1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の愛する映画シリーズ 第3回「大坂城物語」

大坂城物語
監督:稲垣浩
脚本:木村武(馬淵薫)、稲垣浩
音楽:伊福部昭
特技監督:円谷英二
大胆な円谷特撮、伊福部昭の音楽、三船敏郎見たさに観た映画です。内容は意外とあっさりしていて、初見の時は「?」という感じでしたが、3回ぐらい見直して、やっとこの映画のテーマが分かりました。それは後で書きます。
 物語は、徳川秀忠が徳川家康より征夷大将軍の位を譲りうける、という報せに、淀君(山田五十鈴)が怒るという場面から始まる。そして、大坂城のミニチュアを、まるで空撮しているかのように映すメインタイトルがたまらない。メインタイトルが終わると、方広寺鐘銘事件の場面からまた始まる。豊臣家の重臣であり、徳川家にいいように利用された片桐市上且元を演じるのは志村喬、豊臣家の重臣である大野治長は河津清三郎、はまり役ですね。で、大坂に仕事を探しに来ていた浪人・茂兵衛は、ひょんなことから街の人と喧嘩を始めるが、そこで謎の山伏・筒井是界坊が、乳兄弟である薄田隼人正(演じるは何と平田昭彦!)と、その仲間である阿伊(香川京子)を追っかけている所に遭遇。当然の如く三船は2人を助けるわけですが、多勢に無勢、橋に吊るされてしまいます。そこを助けたのは、忍者霧隠才蔵(市川団子)!三船は川に落っこちるが、何故か川のほとりに避難していた阿伊に救出され、「豊臣と徳川との戦を避ける」ための陰謀に巻き込まれる羽目に…。で、その陰謀の首領(?)が、加藤清正の娘である小笛姫。演じるは久我美子。平田昭彦はこの映画での共演がきっかけで久我に一目惚れしたらしいですが、映画を見ると「なるほど」と思ってしまいます。さて茂兵衛は、小笛姫の陰謀に協力し、色々やる訳ですが、結局は、味方と見せかけて徳川に媚びていた船商人・伊丹屋道畿(香川良介)のせいで全て無駄に終わってしまいます。最後、茂兵衛は伊丹屋がポルトガル船から買い、徳川に売り渡そうとしていた鉄砲・弾薬を奪い取り、大坂城の隼人正の所まで運ぶことになります。途中戦場に入ってしまって、万事休すという事態になるのですが、何と三船は鉄砲・弾薬を馬に曳かせて強行突破!何とか隼人正の所までたどり着き、橋を爆破して徳川軍をぶっ飛ばします。この功績で茂兵衛は豊臣家に取り立てられますが、阿伊と共にいずこかへ去って行きます。
 まず三船敏郎の単純無垢な演技が見ていて面白いです。しかしこの映画のポイントは、その三船演じる茂兵衛が陰謀に巻き込まれるうちに、人間の「汚さ」に気づいていくところです。そして茂兵衛は「権力闘争に巻き込まれる虚しさ」を知ります。だから大坂を去っていくのです。香川京子演じる阿伊は、伊丹屋に捕まってポルトガル人に売り渡されそうになってしまっていたりと、ろくな目に逢っていません。でも凛々しくて美しいですねぇ。平田昭彦は実在した豊臣家の家臣・薄田隼人正兼相を演じていますが、顔が顔だし、東宝の空想科学映画で御馴染なので、髷に違和感が…。格好良いのは言うまでもありませんが。久我美子は大変な美しさ。目が見えないのに、伊丹屋が裏切っていたと見破っていたり、伊丹屋にピストルで撃ち殺されそうになると、短刀を伊丹屋の急所に当てるという神業を披露したりと、実はこの映画最強のキャラなのかもしれません。この映画の共演がきっかけで、平田昭彦は久我美子と結婚することになります(仲人は稲垣浩監督でした)

円谷特撮ですが、メインタイトルで実際の城を空撮しているかのような映像が素晴らしいです。
何とこの映画では、撮影所内に大坂城本丸のセットを作っているのです。
しかも大坂城天守閣は、はっきり言って今実際に建っている大阪城よりも本物っぽいです。
また、方鉱寺でのシーンではかなり大胆な合成を使っています。
そして特撮シーン最大の見せ場が、終盤、茂兵衛が徳川軍をは橋もろとも吹き飛ばすシーンです。
コマ送りで見ると分かるのですが、実写とミニチュアの切り替えが実に細かいです。
吹き飛ばされる人間は作画合成と人形を巧みに用いています。
一見すると、実写と特撮の切り替えはさっぱり分かりません。
やはり戦前から色々な研究を積み重ねてきた円谷英二監督は凄いです。

音楽は伊福部昭。諸行無常の感を漂わせるオープニングからメインタイトル(M1,M2)。そしてアクションシーンを盛り上げたアクション・テーマ(M12,M19,M24,M31)。このメロディーは伊福部先生の純音楽「シンフォニア・タプカーラ 第1楽章」の後半部分をそのまま使っています。
 で、この映画のテーマなのですが、「権力闘争に巻き込まれた人間はどう生きるか」というものにあると思います。最初はただの暴れん坊であった茂兵衛も、権力闘争に巻き込まれるうちに、人間の汚さ・意地悪さに気づいていきます。そして「権力なんかより惚れた女と静かに暮したい」と、大坂を去っていく訳です。反権力の考えは稲垣浩監督の作品には多く出ています。この作品の姉妹作と言える「士魂魔道 大龍巻」ではそれが色濃く表れています。ただ製作が急ぎ足だったかどうかは分かりませんが、当時の映画によくある「こってり感」が足りないのが残念なところ。ですが、大好きな映画には変わりありません。ただ戦争の一面を描いた傑作ではあるので、機会があったら観てください(早くDVDかブルーレイ出して!)。

画像はサントラのジャケットです。
東宝ミュージックのHPで注文可能です。
デジタルリマスターで、ノイズなどは一切取り除かれ、演奏風景が浮かんでくるような高音質になっています。
伊福部先生のインタビューも載っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

映画って素晴らしい

『大坂城物語』は、日本映画の底力を感じさせる名作ですよね。

大がかりな特撮がドラマのクライマックスを飾るけれども、
特撮だけを売り物にするわけではない「劇」映画の魅力がちゃんとあります。

特撮ファンにもさまざまな志向があるのでしょうけれど、
キャラクターもの(変身・怪獣)のみにとらわれていると、特撮表現の可能性の広さに目を閉ざすことになります。

私自身は怪獣やSFという切り口から円谷英二・本多猪四郎・伊福部昭という天才を知って、
その三人の作品歴(あるいは関連作品)を追うことで怪獣・SF以外の豊穣な日本映画の成果を知ることが出来ました。(いまも勉強中)

驚異の映像を作り出すことが特撮の一使命であり、そんな特撮が好きな特撮ファンこそ映画映像の美に敏感であるべきなのだから、
多くの特撮ファンがキャラものだけでない映画鑑賞に興味を持ってくれれば、
それが特撮ジャンルの充実につながるはずなのに・・・。
(特撮物しか見ない映画ファンの審美眼はどういうことになっているのやら)
おっとっと、他人の趣味志向にケチをつけちゃいけませんな。

Re: 映画って素晴らしい

> 特撮ファンにもさまざまな志向があるのでしょうけれど、
> キャラクターもの(変身・怪獣)のみにとらわれていると、特撮表現の可能性の広さに目を閉ざすことになります。

最初円谷監督が目指していたのは、単純なキャラクターものではなかった訳ですから、仮面ライダーとか、ウルトラマンだとかだけで特撮を語るのは間違いなんですよね。
円谷特撮がチャチだとか言う方はこういう作品も見てほしいものです。

> 私自身は怪獣やSFという切り口から円谷英二・本多猪四郎・伊福部昭という天才を知って、
> その三人の作品歴(あるいは関連作品)を追うことで怪獣・SF以外の豊穣な日本映画の成果を知ることが出来ました。(いまも勉強中)

私もそうなんです。
円谷監督のおかげで素晴らしい映画に出会えましたし、伊福部先生のおかげで「コタンの口笛」や「座頭市物語」「銀嶺の果て」といった名作に出会えました。
特撮って子どもに映画への興味を持たせられる良い材料だと思うのですがどうでしょうね。

> 驚異の映像を作り出すことが特撮の一使命であり、そんな特撮が好きな特撮ファンこそ映画映像の美に敏感であるべきなのだから、 多くの特撮ファンがキャラものだけでない映画鑑賞に興味を持ってくれれば、それが特撮ジャンルの充実につながるはずなのに・・・。

「キャラ物」にしか興味を持たない人が「特撮ファン」を名乗っているのが、特撮という言葉が偏見を持たれる原因かな・・・、と思ったりもします(爆弾発言でしょうか?)。
特撮というのは、異形のキャラクターばかりでなく、実写では再現できない歴史上の出来事や、大自然の驚異も描ける訳で、「特撮ファン」を名乗るからには、その辺りにも興味を持って欲しいです…。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。