FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の愛する映画シリーズ 第1回 「日本沈没」

41R2SS4DM8L__SS500_.jpg
「私の愛する映画」シリーズは、文字通り私の大好きな映画を独断と偏見を交えつつ紹介するシリーズです。
第1回は1973年12月29日公開、橋本忍脚本、中野昭慶特技監督、森谷司郎監督の「日本沈没」です。
第1回はどうするか、散々迷いました。
「ゴジラ」(1954年)にするか、「銀嶺の果て」(1947年)にするか等々…。
しかし、衝動的に「日本沈没」にさせて頂きました。
なお、2006年に公開されたリメイク版については、私の中では黒歴史なので、一切言及しません

キャストは日本沈没を発見する田所雄介博士に小林桂樹、田所博士に協力する潜水艇操縦者小野寺俊夫に藤岡弘、「国土消滅」という一大危機に遭遇、日本最後の総理大臣となることになってしまった山本総理に丹波哲郎、日本沈没を調査する「D計画」の中心人物中田にニ谷英明、田所博士の教え子であり、中田の友人であるD計画に参加する幸長助教授に滝田裕介、D計画に参加する内閣府調査官(原作では総理府秘書官)邦枝に中丸忠雄、D計画を裏から操る渡老人に島田正吾
ああなんと汗臭くて濃いキャストでしょう。
そうそう、女優としては初々しかった阿部玲子演じるいしだあゆみと、渡老人に使える謎の美女(?)花江役の角ゆり子も忘れてはいけません(個人的には角ゆり子の方がタイプです)。
原作を読んだ後に観ると、展開がかなりの駆け足で進んでいる感が否めないところがあったりしますが、小学6年の私にとってはかなり強烈な映画でした。
とことん重厚な演出、これでもかとばかりに自然災害の恐ろしさを見せるつける第2次関東大地震の演出、とても日本の首相とは思えない丹波哲郎の迫真の演技、小林桂樹の、かつての三枚目のイメージを忘れさせるようなエキセントリックな演技。
そして観た後は、日本は本当に沈むのではないかと思わせられてしまいます。

本作が作られた背景には、オイルショックにより高度経済成長が行き詰ったというものがあります。
そして繁栄を謳歌している日本人には密かに大変な危機が迫っているのではないかという不安感。
その繁栄が突然消え去ってしまうのか、という独特の脱力感、寂しさも感じたりします。
今の日本の繁栄は何なのだろうかと考えさせられます。
本作の最大のテーマは「島国日本に閉じこもっていた日本人が故郷を失ったらどうなるのか?」というものです。
国家の基盤たる国土そのものが消え去ってしまった日本人は生き残れるのか…。
D計画を極秘に進める渡老人は、京都の学者に日本人の未来について書かせ、結論を出させ、山本総理の前で言います。

渡「このまま、何もせんがいい…」
(この間の「間」が絶品です)
山本「何もせん方が、いい…」
渡「そうじゃ。1億1000万の人間が、このまま日本と共に海へ沈んでしまうのが、日本及び日本人にとって一番いい事じゃとな…

私だったら「何もせん」事を選びます。
外国で辛い目に遭い、失った愛おしい故郷を懐かしむくらいなら私は喜んで日本と心中するかもしれません。
この映画を観ていると、つくづく私は「日本が好きなんだな」と思います。
「日本」と言っても、それは美しい自然であり、故郷に眠る先祖の遺跡であります。
あくまでも好きなのは「日本列島」です。
自分にとって「日本」とは、「国」とは何なのか、とも考えさせられる映画でもあります。

特撮ですが、火薬馬鹿中野監督のオーバーな特撮は、突っ込みを許しません(笑)
そして第2次関東大震災の描写が凄まじいです。
次々と倒壊する木造家屋、自重で崩れ落ちるマンション、地下鉄から逃げる人々に降り注ぐガラスの雨、押し寄せ、人々を飲み込む津波…。
「大都市って危ない」と認識させられました。
この映画を観てから「絶対東京には住みたくない」と思うようになりました。
原作だともっと描写は凄まじいですが…。

何だか物凄い長文になってしまいました。
小林桂樹や藤岡弘の演技、佐藤勝先生の音楽など、書きたい事はもっとありますが、今日はこれぐらいにしておきます。
画像はサントラの画像です。
私も持っておりますが、「デジタルリマスター」というのが無い時代に発売されたので、ノイズが入っていたりします。
東宝ミュージックさん、デジタルリマスタリングをして、アウトテイクも入れたサントラを出してくれぇえええええ(ひどいオチ)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。