1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故「ゴジラ」が好きなのか その2

「何故「ゴジラ」が好きなのか その1」の続編です。
「我々が目を背けたがる現実」とは一体なんでしょうか。
それは、「人間の小ささ・脆さ・弱さ」です。
怪獣が出現するだけで、大混乱し、逃げ回る人間を見ると、私は「大自然からすると、人間ってのは小さい存在なのだろうな」と思います。
そしてゴジラには、戦車の砲弾も戦闘機のミサイルも全く効果がありません(水爆にも耐えたから当たり前か!)。
そこに「人間の弱さ」が見えます。
人間の科学力を結集させても、大自然を制御することは不可能なのです。

我々文明人は、今生きている文明社会を絶対的なものと信じています。
しかし、怪獣は我々が「絶対だ」と信じている文明社会を、いとも簡単に崩壊させてしまうのです。
我々が見たくない現実ではありますが、別の視点から見ると、実に爽快です。
我々文明人は、自分たちの生きている文明社会に対して、何らかの不満・不信を抱いていると思います。
皆さんは都市に並ぶビル群に、独特の重量感・威圧感を感じたりはしませんか?
人間社会の人間関係や、軋轢、矛盾に不満を感じてはいませんか?
怪獣はそれをいとも簡単に壊してしまう存在なのです。
怪獣からすれば、市民も政治家も関係ありませんから。

つまり、怪獣映画は人間の「絶望」と「願望」の両方を見せる訳です。
実に興味深いです。
優れた怪獣映画は、スペクタクル性があり、人間社会が怪獣が出現したがために混乱する様子をしっかり見せ、そして素晴らしい特撮による怪獣の都市破壊、怪獣対決を見せてくれます。
その代表例が、本多猪四郎・円谷英二のコンビで作られた「ゴジラ」「空の大怪獣 ラドン」「モスラ」「キングコング対ゴジラ」などである訳です。

平成以降のゴジラは、カドミウム弾でゴジラが仮死状態になったり、体に穴を開けられて自爆してしまったり、人間の作ったメカゴジラ(機龍)に撃退されたりするので、個人的には面白くないです。
私は怪獣、特にゴジラには「不死身」であり、「無垢」であってほしいと思っています。
破壊主義者のゴジラは、私にとっては「ゴジラ」ではありません。
初代ゴジラが破壊主義者ではなく、「無垢な動物」であるのは、前回の文章を見ればお分かりになると思います(その前に初代ゴジラをちゃんと見返してください!)。

怪獣映画で「暗」の部分を担うのは人間だけで結構です。
私はゴジラが「人間なんか知ったこっちゃねぇ?」とばかりに生きている姿をまたスクリーンで見たいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

訪問ありがとうございます

ブログ訪問ありがとうございます。

ゾンデ5号さんのブログ、うちよりすごくしっかりしたご意見が書いてあって恐縮です(^-^;

これからも宜しくお願いします!

P.S.
ゾンデ5号さんのブログをリンク集に載させて貰っても
宜しいですか?

こちらこそありがとうございます

麒麟痔 さん、こちらこそありがとうございます。
今後も怪獣映画論などは書く予定ですので、時間がありましたらコメントお願いします。

> ゾンデ5号さんのブログをリンク集に載させて貰っても
> 宜しいですか?

お願いします。
色んな方と繋がりができるのは光栄な事ですから。

No title

ゾンデさん、ブログ開設おめでとうございます。
某サイトでは何度かお会いしましたけれどもその洞察力には驚かされます。
「怪獣映画」がきちんと「怪獣映画」という「映画」になっていた本多、円谷監督のコンビに対し現在のゴジラ作品がどれもがプロッド自体の狭量さやオタク向けの「受け」に甘んじている現在、やはり現在の邦画自体の貧しさを感じております。
(その貧相さは特撮作品のみとは限らないしアニメまでもが「萌え」になってるのでここまでとは・・・と思ってましたが)
以上、短いですがお互いに頑張っていきましょう!
明日の特撮の未来のために!

追伸。
相互リンクさせて宜しいでしょうか?

Re: No title

ルーさん、御来訪ありがとうございます。
映画への洞察力は、まだまだです。
何といってもまだ高校生ですから…。

> 「怪獣映画」がきちんと「怪獣映画」という「映画」になっていた本多、円谷監督のコンビに対し現在のゴジラ作品がどれもがプロッド自体の狭量さやオタク向けの「受け」に甘んじている現在、やはり現在の邦画自体の貧しさを感じております。
>> (その貧相さは特撮作品のみとは限らないしアニメまでもが「萌え」になってるのでここまでとは・・・と思ってましたが)

そうなんです。
「外」に「ぶわーっと」パワーを発揮するような映画が少なくなっているんじゃないかと思います。
ウルトラシリーズなんかはもう手のつけられない状態になっていますが…。
アニメに関しても、内に閉じこもるような感じの作品ばかりで…。
私はアニメに関しては「タイムボカンシリーズ」や「キャシャーン」(オリジナル版)について色々書く予定ですが、昭和のアニメの方が「内に閉じこもる」傾向は少ないように感じています。

> 追伸。
> 相互リンクさせて宜しいでしょうか?

ぜひともお願いします。
色々な特撮ファン、アニメファンなどと意見を交わせたら…と思っているので。
プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。