1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡山・会津若松旅行記 第3回

さて、私の乗る事となった「SL郡山会津路号」は10時32分に郡山を出発、3時間掛けて会津若松へ向かいます。
客車は「SLばんえつ物語号」と同じです。この客車には4年ぐらい前に一度乗っているのですが、2007年にリニューアルが施されたため、大分乗り心地が良くなった感じがしました。
SL牽引の客車列車に乗ると、つい「999」を思い出してしまいます。
「ボォー」という汽笛を聴くとまた「999」を思い出してしまいます。
通路のドアを開けると自分が「999」の車掌になった様な気分になったりします。
下の写真は私の座ったボックス席です。かなりふかふかになっていました。
2009年9月27日 (27)
私は客車の窓を開けてみようと思い、向かいのボックスの方に「開けても大丈夫ですか?」と尋ねたところ、開けさせてもらえました。
SLが煙を吐きたてて走っているのがよく分かると思いますが、臭かったですね(当たり前か)。
2009年9月27日 (24)
対向のボックスの方とはさっきの「開けても大丈夫ですか?」というやり取りから、「昔はSLの列車の窓を開けると鼻が黒くなったもんだ」という話から始まって、すっかり話が盛り上がってしまいました。
40過ぎぐらいの方で、何でも関東方面から「フェアーウェイ」で郡山まで来たそうです。
思えば「フェアーウェイ」の運転日と「SL郡山会津路号」の運転日は同じ日にされています。もしかしたら「フェアーウェイ」で郡山まで来て、そこからSLに乗ってもらうおう…、とJRも考えていたのかも知れません。
対向の方とは鉄道の話以外にも、鉄道繋がりで「銀河鉄道999」の話(ちょうど世代だったようです)や仮面ライダーやキャシャーンなどの話もしてしまい、色々な話が出来て楽しい限りでした。
「999」だと、メーテルはあんなに背が高くて、座席は背もたれが小さいのに寝るのに苦労しないのかとか(笑)
中山峠を登るために補助機関車が付くのが「999」見たいだ…、なんと思ったり(話によっては補助機関車を付けている事もあるのです)。
その事を対向の方に言ったら、「そういうのもあったよね」なんて話になりました。
その方は私が古いアニメが好き、というのに少し驚かれていたようです。
何だかんだ言ってこういう時は親の世代と話が盛り上がってしまいます。
最も相手は大人ですから向こうは合わせてくれている、というのもあるのですけどね。
列車は中山峠をゆっくり越え、沼上信号所で運転停車。
せっかくなのでまた窓を開け写真を撮りました。
2009年9月27日 (25)
しかし長い編成です。
やっぱり客車列車は長いのに限るよな、なんて思ったり…。
山を越えると会津盆地(?)に出ます。
天気が良いと磐梯山が見える筈なのですが、天気が悪く見えませんでした。
天気が良いと下の写真のように見えます。
磐梯山
写真の日付は「バグ」です。
撮影は4年ぐらい前の春の筈です。
ただこれは猪苗代を過ぎてからの写真ですが、磐梯山の美しい形がよく分かると思います。
列車は12時11分、猪苗代駅に到着。24分間停まります。
という訳で私はホームに出て撮影をすることにしました。
かなりホームは混みあっていましたが、上出来な写真が撮れました。
2009年9月27日 (32) SL郡山会津路号
本音を言うと黒煙を上げて力強く走る写真を撮りたいんですけどね。
しかしC57は本当に美しいです。
こう停車している姿を見るとまた「999」を思い出してしまいますね。
2009年9月27日 (37) SL郡山会津路号
上の写真は展望車。
結局私は行きませんでした。
晴れた日に展望車から望む磐梯山はさぞかし最高だろうな、と思います。
12時35分、列車は猪苗代を発車。ゆっくりゆっくりと走り、磐梯町、広田に停車し、13時30分会津若松に到着しました。
3時間近くの長い旅でしたが、向かいの方と話していた事もあってあっという間に感じました。
電車での旅も良いですが、この様なSL客車列車の旅も捨てがたいものです。
会津若松駅では太鼓のお出迎えが。
2009年9月27日 (43)
本当だったら鶴ヶ城、飯盛山、さらに古墳マニアの私としては会津大塚山古墳に行きたいところですが、私は14時14分会津若松発、「あいづライナー4号」で帰らなくてはなりません。
しかし、発車までホームをうろつき、会津鉄道のAT300形を撮影。
2009年9月27日 (46)
後ろには展望車型のAT400形が連結されています。
会津鉄道もいつか乗ってみたいものです。
ただ下の写真は逆光になってしまいました。
2009年9月27日 (47)

旅行記は次回で完結の予定です。
ちょっと駆け足になった感がありますが…。
最後に乗車証明書を…。
SL郡山会津路号 乗車証明書
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
なかなか車中も楽しい旅行になったようですね。旅の魅力はやはりそんな所にあるのかなっていつも思っています。
中山峠はやっぱり相当ゆっくり登っていったのでしょうか?

Re: No title

> daikitiさん
「SL郡山会津路号」でがは、向かいの方とは本当に色々な話が出来て楽しかったですよ。
見知らぬ人との会話が生まれるのも旅の魅力だと改めて思わされました。
中山峠は相当ゆっくり登って行きました。
D51だともう少し早かった気がします。
プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。