1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善意の塊、ゼンダマン!!

      ゼンダマン
久々にボカンシリーズネタを再開します。
さて前回は「ヤッターマン」であったので今回は勿論「ゼンダマン」。

「ヤッターマン」放送中の間、タツノコプロに大事件が起こりました。
1977年9月5日、吉田竜夫社長が45歳という若さで亡くなられたのです。
社長ではありますが、同時に創作者でもあり、多くのアニメの原作、キャラクターデザインをされた凄い方でした。カリスマ性があったのか、多くの人材も集まりましたが、吉田竜夫氏死去以降タツノコプロを離れていきます。
それでもタツノコプロは、竜夫氏の弟、吉田健二氏を社長に再スタートをしました。
その新体制で生まれたのが「ゼンダマン」です。

「ゼンダマン」はシリーズの中では影の薄い(?)作品ですが、私は大好きです。
何よりモチーフが「鉄道」。鉄道マニアの私にはたまりません。
そして「タイムボカン」と「ヤッターマン」の良いところ取り、言わばシリーズの集大成のような作品です。
「ボカン」のタイムトリップに、「ヤッターマン」の自我を持ったメカ、パロディなど…。
おもちゃ箱をひっくり返したような作品です。
「自我を持ったメカ」という点では「ゼンダマン」はかなり暴走しています。
戦いより歌が大好きなメカ、ゼンダライオンのキャラの発想は凄いです。
しかも声が山本正之先生。力が抜けるような(?)独特の声はゼンダライオンのキャラにぴったりでした。歌うような喋り方(アドリブだそうです)も本当に面白いです。
ゼンダライオンは火炎を口から吐いたり、鬣から熱線を出したりと意外と凶悪なメカなんですが、その性能とキャラのギャップが面白いです(製作者であろう鉄っちゃん、どういう風に電子頭脳を作ったのでしょうか?)。
しかも「愛のムチ」なる電撃を浴びて元気をパワーアップするというのですから、とんでもないどMメカです。
番組の途中からは戦闘用に特化した「ゼンダゴリラ」が登場。
こっちは戦闘は良いのですが、ムージョの「お色気ポーズ」にやられてしまいます。
そうなるとまた「愛のムチ」でパワーアップさせられるのですから…。
ただゼンダゴリラ登場以降はゼンダライオンは出番が少なくなるのでそこが残念です。

コクピットメカもさらにパワーアップ。前作から引き継いだ「おだてブタ」、スタッフの某氏がモチーフの「オシイナ星人」、「コーラスガラス」etc…。
ちなみに今作のおだてブタは木ではなく信号機に登ります(笑)
「オシイ星人」は、アクダマトリオに惜しい事が起こると「オシイオシイオシイナァァァモウチョットォィィィ」と冷やかして去っていくだけのメカなのですが、出てくるタイミングがあまりに絶妙でオシイ星人が出た時には笑うしかありません。
「コーラスガラス」は、トボッケーの「脱線転覆作戦」(今考えるととんでもない名前ですね)発動時に登場する4匹のカラス。「ヤルー、ヤルー、ヤルー」と最初の3匹が言った後、最後の1匹(声は富山敬さん)が「ヤラレルゾキットナ」と言ってしまいます(それに怒ったムージョに「お前はいらん!」と壊された事も…)。

主役メカやコクピットメカがこんなに面白いのだから本編も面白くない訳がありません。
何といっても「善意の塊」と名乗っている癖に嫌らしいゼンダマンのキャラが面白いです。
アクダマトリオはゼンダマンと対峙すると、ゼンダマンの「Z」の字を作る組体操に対抗して、アクダマトリオ(アクダマン)の「A」の字の組体操をするのですが、大体失敗してゼンダマンに「中年には無理だ」などと言われて笑われてしまいます。挙句の果てにゼンダマン2号(さくらちゃん)はピカリング(強い光を出して相手の目をまぶしくさせる武器)で組体操を邪魔する事も…。
何と嫌らしい善玉でしょうか…。しかもこいつらは「ヤッターマン」のガンちゃんアイちゃんに続きバカップルです。こんなの子どもに見せていたこの時代、恐るべし!
ゼンダマンとアクダマオリオの掛け合いの他にもアクダマトリオ内の掛け合いもまた冴えまくっています。
裁判メカとのやり取り、おしおきもたまりません。
裁判メカはアクダマトリオが負けた時に3人のうちどいつを裁くべきか決めるとんでもないメカなのですが、その裁き方、おしおきの仕方が凄いです。
「時間がないからトボッケーが有罪」とか、おしおきも「おだてブタの刑」「破裡筵の刑」「馬蹴りの刑」「インベーダーゲームの刑」など、とんでもないものばっかりです。
これは話が進んでいくにつれどんどん過激になって行きます。
とにかくやりたい放題の作品です。
ただ「オタスケマン」以降ボカンシリーズは雰囲気がやや変わってしまうので、やはり「ゼンダマン」はこれまでのシリーズの集大成なのだな、と実感させられます。

さて音楽。
「ヤッターマン」に引き続き山本正之氏と神保正明氏が担当。
主題歌を歌うのは今作では山本氏ではなく藤井健という方。
ソフトな声で歌っておられますが、「旅」を連想させられるイントロと共に、ちょっと幻想的(?)な感じの歌に仕上げています。
挿入歌で有名なのは「ゼンダライオン」。文字通りゼンダライオンが歌う歌ですが、途中から応募で視聴者の子どもが歌うようになったり、果て又大人の合唱団が歌ったり、鉄っちゃんさくらちゃんが歌ったりと面白い歌です。この歌にはインストが存在しますが、SLの動画にこの曲を入れてみたら絶対面白いものになると思います(笑)
BGMの中には歴代ボカンシリーズの主題歌・挿入歌のメロディーをメドレーにしたような曲(D-7)なんかもあり、音楽面でもシリーズの集大成なのか、と思わされます(ちなみにアクションシーンに流れる曲です)。

声優について全く言及しておりませんでしたが、鉄ちゃん・ゼンダマン1号は前作によくゲスト出演していた三ツ矢雄二さん、さくらちゃん・ゼンダマン2号は前作に途中からレギュラーとなっていた滝沢久美子さん、ゼンダマンのサポートロボット、アマッタンは佐久間あいさん(1話のみ「ヤマト」の森雪でおなじみ麻上洋子さん)、紋者博士に「ハイジ」のアルムおんじでおなじみ宮内幸平さん、アクダマトリオは勿論小原乃梨子さん、八奈見乗児さん、たてかべ和也さん、そしてアクダマトリオに付いてくる謎の猫ニャラボルタに池田勝さん、裁判メカに宮村義人さん、ナレーションは勿論富山敬さん。
前作で善玉を演じていた池田勝さんが今作では悪玉側になったというのが面白いですね。
滝沢久美子さんは前作までのヒロインを務めておられた岡本茉利さんとはまた違った可愛らしい声です。
ちなみに有名な話ですが、三ツ矢雄二さんはオカマであり、たまにその本性(?)が声に出ていることがあります。
ちょっとしかありませんが必見です。

影が薄い作品ではありますが、実際に見ると本当に面白いです。
一応2話分を収録したDVDは売られています。しかし2話で1800円は高いような…。
見る機会が増えれば再評価されても良い筈の作品です。
スポンサーサイト

水木のアニキはやっぱり凄い

今日、仙台市夢メッセのイベントで「水木一郎 アニソンコンサート」というのがあり、当然行って来ました。
水木のアニキのコンサートの前に挨拶や多賀城高校吹奏楽部の演奏などがありましたが、アニキのコンサートが始まるとなると会場は多くの人で集まりだし、私は一番前。水木のアニキの目の前です。
どう登場するのかと思ったら「マジンガーZ」のイントロと共にアニキ登場!
会場の観客の興奮度は一挙に高まり、拍手のうちにアニキが登場。当然私も大興奮。
何せ「BSアニメ主題歌大全集」ぐらいでしか顔を見られなかったお方ですし、アニソン・ヒーローソング好きにとっては神様のような方。
しかも衣装は「NHK 思い出のメロディー」の時のものでした。これにもびっくり。
会場皆が手拍子をし、アニキの「ゼェェェェット!!」が響きます。
興奮のうちに始まった「水木一郎 アニソンコンサート」。
「マジンガーZ」を歌い終わった後司会の方とのやり取りがあり、いつも披露してくれるギャグ(アニキ自身がそう仰っていました)、「盛り上がってるかゼェェェット!!」をしてくれました。
アニキにとっては会場の熱気が予想以上だったらしく、かなり汗を流しておりました。
「歌詞が間違えられないから半分冷や汗なんです」と仰っていましたが(笑)

次はロボットもの2連続、「おれはグレートマジンガー」「コン・バトラーVのテーマ」。
「グレートマジンガー」では私も「ダンダンダダン」とつい一緒に歌ってしまいました。
「コン・バトラーVのテーマ」では最初の「V!V!ビクトリー!!」の部分で「V」と手を掲げている方が。当然私もやりました。
その次は「バビル2世」。当然の如く私も「やぁ!」の部分を、拳を突き上げながら叫んでしまいました(会場からもそんな声が結構聴こえました)。
「バビル2世」は菊池俊輔先生作曲の歌。それもあってイントロの時点でもう興奮でした。
「バビル2世」の次は確か「なんのこれしきふろしきマン」でした。曲の転調が激しくて生で聴いているとちょっとおかしくて仕方がないです(アニキ御免なさい!)。
「ふろしきマン」に続き、確か「キャプテンハーロック」。会場からは一応手拍子も聴こえましたが、私は手拍子をやるような曲ではないと思い、手拍子はせず聴いていました。本当はささきいさおさんが歌う予定の曲だったそうです。
「ハーロック」の次は、手塚治虫先生生誕80周年記念繋がりで、「ジャングル大帝」(2作目)の主題歌「サバンナを越えて」。平野忠彦さんの歌う初代の主題歌も良いですが、これはこれで大変格好良い曲でした。
今度は宮城県が石ノ森章太郎先生出身という事で、「セタップ!仮面ライダーX」「仮面ライダーストンガーのうた」「燃えろ!仮面ライダー」を、1番だけですが歌ってくれました。3曲とも私はTVサイズもレコードサイズも持っているだけに「燃えろ!仮面ライダー」では、「オォーッ!」「キック!」と合いの手を叫んじゃったり…。
一番興奮したのはこの曲の時だったかもしれません。
何せ自分の大好きな菊池俊輔先生作曲の仮面ライダーシリーズの主題歌を生で聴いてしまったのですから…。

ライダーシリーズの歌を歌うとその次は「自分を救ってくれた歌」ということで「ムーヘ飛べ」。
まともに聴くのは初めての曲でしたが、なるほど勇気をくれるような曲でした。
アニキでもスランプに陥っている時期があったのか、と考えさせられました。

コンサートはわずか1時間。終幕が近づきます。「ムーヘ飛べ」の次は「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のエンディング「道(タオ)」。こちらも大変盛り上がりました。
そして最後を飾ったのは「懐かしくってヒーロー」。この曲はとにかくヒーロー・アニメソングを無茶苦茶に詰め込んだ曲です。
どういう曲かというと↓の様な曲です。
懐かしくってヒーロー
「アタックNo,1」や「ゲゲゲの鬼太郎」の部分を歌うアニキは結構ツボにはまりました。
とにかく振り付けで面白い曲でした。
最後は「マジンガーZ」で「懐かしくってヒーロー」は終了。「水木一郎 アニソンコンサート」は終了しました。
会場とアニキが一体となって凄いコンサートでした。

とにかく水木のアニキを目の前で見られただけでも感動です。そして自分がいつもCDで聴いたりカラオケで歌っているような歌も聴けて、音楽好きとしてはこれ程嬉しい事はないです。

私は水木のアニキは「濃い」「熱い」という印象を持っていたのですが、実際御姿を拝見するとそうでもないです。
でも「BSアニメ主題歌大全集」等のテレビに出ると何故か「濃い」という印象を持ってしまいます。
不思議ですね…。
今回のアニキ、汗の出具合が半端じゃなかったです。Youtubeやニ○ニ○動画で見るとそうでもないんですが…。

とにかく今回は水木のアニキを生で拝見出来て本当に嬉しかったです。
そして還暦を過ぎても全く衰えない声には驚くしかないです…。
アニキ、どうか芸能活動50年、60年も続けてください…。
私の様な若い世代にもっとその熱い声を聴かせてください!

郡山・会津若松旅行記 第4回

さて私の楽しい旅行もいよいよ終わりが近づいてきました…。
会津若松14時14分発郡山行快速「あいづライナー4号」に乗車し、郡山まで戻る事に…。
席は指定席を取りました。意外と混む列車なので。
2009年9月27日 (48)
車両は485系あかべぇ。車内はリニューアルされており、本当に快適です。
あまりに乗り心地が良くてうとうと眠ってしまう事も…。
この485系、元々は「はつかり」「ひばり」などの花形特急列車で活躍していた車両ですが、今では快速としても走るようになってしまいました。
特急型車両に普通料金で乗れるとは何とお得なことでしょうか。
そして「あいづライナー4号」はわずか1時間で郡山に到着。私はさっそく中線に停まっている「フェアーウェイ」の485系を撮影することに…。
2009年9月27日 (50) 485系K2
あかべぇ色の485系も良いですけど、何だかんだ言って安心するのはやはりこの色です。
「フェアーウェイ」の485系K2編成はしばらく沈黙(?)を保っていましたが、しばらくすると発車の為の準備が始まりました。幕回しが始まると、「北越」のマークまでもが出現…。
2009年9月27日 (56)485系K2
そしてライトが点き、発進(?)の準備が整いました。
2009年9月27日 (60)  485系K2
485系K2編成は青森側に向かって前進し、駅の北側で方向転換、上野側に向きを変えるようになっていました。
そして郡山駅5番線に向きを変えた485系「フェアーウェイ」が入線…。
2009年9月27日 (64) 485系K2
入線から発車までは20分ほどあったので、写真を撮りまくりました。
何度撮っても485系国鉄色は飽きさせてくれません。
本当に不思議な電車です。
2009年9月27日 (68) 485系K2
2009年9月27日 (72) 485系K2
今回はくどいと言われそうなほど485系国鉄色を載せてみましたが、それほど私はこの車両が大好きで大好きでたまらないのです。
485系は何より優しい顔(?)をしています。
見ていてどこか安心できますし、塗装もシンプルです。
子ども心にも形が認識しやすい車両であり、格好良い車両であり、また母親の様な(?)優しい顔を備えた車両なのです。
2009年9月27日 (76) 485系K2
そして16時23分、磐越西線の列車との連絡で4分ほど遅れつつ、485系「フェアーウェイ」は去って行きました。
485系国鉄色を見ると、私は童心に帰ってしまいます。
言わば私の心の故郷(?)の様な電車です。
いくら高校生になろうが、この車両を目の前にすると小学生の頃の自分に戻ってしまいます。

夢のような1日は終わりました。
素晴らしい旅行でした。
SLにも乗れ、そこで見知らぬ人との会話もでき、そして自分の鉄道趣味の原点ともいえる485系を見られたことは、本当に嬉しい事です。
改めて一人旅の素晴らしさ、鉄道旅行の楽しさを味わえた旅でした。
この旅行記はこれで完結です。
またこの様な一人旅をしたいものです…。

郡山・会津若松旅行記 第3回

さて、私の乗る事となった「SL郡山会津路号」は10時32分に郡山を出発、3時間掛けて会津若松へ向かいます。
客車は「SLばんえつ物語号」と同じです。この客車には4年ぐらい前に一度乗っているのですが、2007年にリニューアルが施されたため、大分乗り心地が良くなった感じがしました。
SL牽引の客車列車に乗ると、つい「999」を思い出してしまいます。
「ボォー」という汽笛を聴くとまた「999」を思い出してしまいます。
通路のドアを開けると自分が「999」の車掌になった様な気分になったりします。
下の写真は私の座ったボックス席です。かなりふかふかになっていました。
2009年9月27日 (27)
私は客車の窓を開けてみようと思い、向かいのボックスの方に「開けても大丈夫ですか?」と尋ねたところ、開けさせてもらえました。
SLが煙を吐きたてて走っているのがよく分かると思いますが、臭かったですね(当たり前か)。
2009年9月27日 (24)
対向のボックスの方とはさっきの「開けても大丈夫ですか?」というやり取りから、「昔はSLの列車の窓を開けると鼻が黒くなったもんだ」という話から始まって、すっかり話が盛り上がってしまいました。
40過ぎぐらいの方で、何でも関東方面から「フェアーウェイ」で郡山まで来たそうです。
思えば「フェアーウェイ」の運転日と「SL郡山会津路号」の運転日は同じ日にされています。もしかしたら「フェアーウェイ」で郡山まで来て、そこからSLに乗ってもらうおう…、とJRも考えていたのかも知れません。
対向の方とは鉄道の話以外にも、鉄道繋がりで「銀河鉄道999」の話(ちょうど世代だったようです)や仮面ライダーやキャシャーンなどの話もしてしまい、色々な話が出来て楽しい限りでした。
「999」だと、メーテルはあんなに背が高くて、座席は背もたれが小さいのに寝るのに苦労しないのかとか(笑)
中山峠を登るために補助機関車が付くのが「999」見たいだ…、なんと思ったり(話によっては補助機関車を付けている事もあるのです)。
その事を対向の方に言ったら、「そういうのもあったよね」なんて話になりました。
その方は私が古いアニメが好き、というのに少し驚かれていたようです。
何だかんだ言ってこういう時は親の世代と話が盛り上がってしまいます。
最も相手は大人ですから向こうは合わせてくれている、というのもあるのですけどね。
列車は中山峠をゆっくり越え、沼上信号所で運転停車。
せっかくなのでまた窓を開け写真を撮りました。
2009年9月27日 (25)
しかし長い編成です。
やっぱり客車列車は長いのに限るよな、なんて思ったり…。
山を越えると会津盆地(?)に出ます。
天気が良いと磐梯山が見える筈なのですが、天気が悪く見えませんでした。
天気が良いと下の写真のように見えます。
磐梯山
写真の日付は「バグ」です。
撮影は4年ぐらい前の春の筈です。
ただこれは猪苗代を過ぎてからの写真ですが、磐梯山の美しい形がよく分かると思います。
列車は12時11分、猪苗代駅に到着。24分間停まります。
という訳で私はホームに出て撮影をすることにしました。
かなりホームは混みあっていましたが、上出来な写真が撮れました。
2009年9月27日 (32) SL郡山会津路号
本音を言うと黒煙を上げて力強く走る写真を撮りたいんですけどね。
しかしC57は本当に美しいです。
こう停車している姿を見るとまた「999」を思い出してしまいますね。
2009年9月27日 (37) SL郡山会津路号
上の写真は展望車。
結局私は行きませんでした。
晴れた日に展望車から望む磐梯山はさぞかし最高だろうな、と思います。
12時35分、列車は猪苗代を発車。ゆっくりゆっくりと走り、磐梯町、広田に停車し、13時30分会津若松に到着しました。
3時間近くの長い旅でしたが、向かいの方と話していた事もあってあっという間に感じました。
電車での旅も良いですが、この様なSL客車列車の旅も捨てがたいものです。
会津若松駅では太鼓のお出迎えが。
2009年9月27日 (43)
本当だったら鶴ヶ城、飯盛山、さらに古墳マニアの私としては会津大塚山古墳に行きたいところですが、私は14時14分会津若松発、「あいづライナー4号」で帰らなくてはなりません。
しかし、発車までホームをうろつき、会津鉄道のAT300形を撮影。
2009年9月27日 (46)
後ろには展望車型のAT400形が連結されています。
会津鉄道もいつか乗ってみたいものです。
ただ下の写真は逆光になってしまいました。
2009年9月27日 (47)

旅行記は次回で完結の予定です。
ちょっと駆け足になった感がありますが…。
最後に乗車証明書を…。
SL郡山会津路号 乗車証明書

郡山・会津若松旅行記 第2回

さて、私は10時32分郡山発の「SL郡山会津路号」に乗る事に…。
SLを待っていると郡山駅の1番ホームと2番ホームの間の中線に「フェアーウェイ」の485系が入ってきました。
帰りの出番(郡山16時19分発)まで待機しているようです。
2009年9月27日 (16) 485系K2
さらに485系あかべぇ色快速「あいづライナー」も入線。485系と485系が並ぶ状態になった訳ですが、フェアーウェイの485系(K2編成)は、青森寄りに停まったため、並んでいるとは言い難い状態になりました。そしていよいよSLが入線。
2009年9月27日 (14)
両脇に人が乗っている姿を見ると、つい「タイムボカンシリーズ ゼンダマン」のゼンダライオンを連想してしまいます。これで両脇に取っ手があったらもうヤッターワンかゼンダライオンですね。
最もゼンダライオンの発想の元はこのSLなんですけどね。
2009年9月27日 (18)
上の写真は485系あかべぇ色「あいづライナー」。
一番好きな485系の塗装はオリジナルの所謂「国鉄色」ですが、この塗装は嫌いではないです。
鉄道マニアではない方にも意外と好評で、「あかべぇ」のマークの前で記念撮影している方をよく見ます。
さて2番線で撮影していた私はSLも撮り、その後乗る為に1番線へ移動。
しかし1番線は大変混雑していました。
2009年9月27日 (21) C57180
上の写真の通りしゃがまないと撮影が困難。
C57-180は復活してもう10年経ちますが、今だにその人気が衰えないのはさすがですね。
私もC57-180は大好きです。
形が独特の美しさを持っていると思いますし、「貴婦人」の名にふさわしい機関車だと思います。
しかし形が「ゼンダライオン」そっくりです。
まさかここでタイムボカンネタが出るとは思いませんでしたが。
1番線にはC57が、中線には485系K2が、2番線には485系あかべぇが停まっているという状態になりました。
2009年9月27日 (19)
上の写真は1番線からその様子を撮ったものですが、485系K2(国鉄色)は青森寄りに停まっているため、2番線の485系あかべぇが見えなくなっています。
こうも混雑していると何が何だか分からなくなってきてしまいますが、取り合えず客車に乗車することに…。
10時32分、「SL郡山会津路号」は郡山を出発。会津若松へ向かいますが、その道中の事はまた次回に…。
プロフィール

ゾンデ5号

Author:ゾンデ5号
鉄道、特撮、アニメ、落語、その他もろもろ色々なものが好きな高校生のブログです。
色々な方面のネタを書きます。
特撮と言っても怪獣映画から戦記映画、SF、時代劇、ウルトラシリーズ、仮面ライダーシリーズ、アニメではタイムボカンシリーズ、新造人間キャシャーン、銀河鉄道999が好きです。
好きな俳優は主に東宝の俳優の方が多いです。
声優では故・富山敬さん、岡本茉利さんなどを贔屓しています。
鉄道では乗ること、撮ることが好きです。
好きな車両は583系、485系、455系、東北新幹線200系、E2系、ED75型機関車などが好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。